読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まずは1年続けよう

1年続いたらブログ名どうしよう

麻雀入門I

 リアル向けに作成した麻雀入門の記事(?)が結構長いうえに労力かかったので、ここに載せちゃいます(要するに手抜き)

 

【麻雀はクソ】

 4人順番に14枚の手持ちの牌を入れ替えていき、一番はやくアガりの形を揃えた人が点数を貰えます。ぶっちゃけ結局は運ゲーですが、論理的思考によって実力を手に入れることも全く可能であります。最初から割りきって不確定要素も楽しめることが前提です。そういうのが嫌なら囲碁とかやりましょう。逆に言えば「僕あたま弱いよ~ふぇぇ~」という人は麻雀オススメ(筆者がそれ)

 

【覚えること多そうだしもう帰っていいすか】

 何か色々聞き慣れない用語が出てきますが、それが意味する所を覚えてもらえば大丈夫です。「何て言うか忘れたけどこんなんあったな~」という感じで。第二外国語で中国語やってる奴らは覚えろ。

 

【パイって何?食せる?】

  四角くて硬い奴らです。トランプのように1つの牌ごとに同じ牌が4枚あります。大まかに5種類あります。

 

  ・萬子(マンズ)       :”萬”(”万”の旧字体)って書いてある奴です。
             1から9まであります。

       ・筒子(ピンズ)       :丸が書いてある奴です。1から9まであります。

  ・索子(ソウズ)       :竹(棒みたいなの)が書いてある奴です。
             1から9まであります。
             鳥さんが書いてあるのが実は1です。
             こいつだけ例外です。

  ・風牌(カゼハイ)    :”東”(トン)、”南”(ナン)、
             ”西”(シャー)、”北”(ペー)の4種類です。

  ・三元牌                     :”白”(何も書いてない奴)、”發”(ハツ)、”中”(チュン)
             の3種類です。

 

【早くルール説明しろよ】

  • 牌の山を積みます。
  • 各人が最初の手持ちの牌として13枚山から取っていきます。
  • ここからは各人が順番に山から1枚ずつ引き、1枚ずつ場に捨てていくことを繰り返します。
  • 誰かがアガる、または誰もアガらなければ1局が終わります。①に戻ります。
  • 規定の回数だけ上記のセットを繰り返したらゲームが終わります。

 

 各セット(これを”局”と言います)には”親”というものが存在します。“親”はその局に限り自分がアガった時に多く点数を貰えますが、他プレーヤー(”子”と言います)にツモアガリ(後述)されると多く点数を払うことになります。また、親はアガれば再び親を務めることが出来ます。1局が終わるたびに親は順番に入れ替わっていきます。

 例えばプレーヤーA・B・C・山田の4人で対戦したとして、まずAが親の局でスタートします。この最初の局のことを”東一局”と言います。東一局が終わると今度はBが親です。この局を”東二局”と言います。同様にCの親番は”東三局”、山田の親番は”東四局”と言います。ルール次第ですが、東四局で終わらない場合は再びAが親にとなります。この局を”南一局”と言い、東○局と同様に”南四局”(山田の親番)まで存在します。ちなみに誰かの点数が0点を下回れば、山田が親番を迎えること無く終了することもあります。

 

【アガりについて】

 自分が聴牌している時、アガリ牌を他プレーヤーから貰えばロンするか、自分でツモることが出来ます。

 

  ・聴牌(テンパイ)    :あと1枚でアガれるという状態のことです。

  ・ロン                         :他プレーヤーが捨てた牌でアガることです。
             相手一人から点を奪います。

  ・ツモ                         :自分が山から牌をひいてくることです。
             転じてそれでアガることも言います。

 

【どうやって揃えればいいか聞いてなかった^^】

 順子、または刻子を4セット、それに加えて雀頭が揃えば形式的にアガリの形が出来ます。

 

  ・順子(ジュンツ)    :123、678のような3つ続きのセットです。
             同じ種類の牌である必要があります。

  ・刻子(コウツ)       :555、東東東 のような同じ牌3つのセットです。
             これも↑と同じです。

  ・雀頭(ジャントウ    :中中、99のような同じ牌2つのセットです。
             これも↑↑と同じです。

 

順子3つ、刻子1つ、雀頭    でもアガれますし、

順子4つ、雀頭                         でもアガれます。とにかく雀頭は必要です。

 

【リーチって中国語なんすよ実は】

 麻雀って「リーチ!!リーチ!!ロンロンロンああああ~~~^^^」
ってイメージだと思いますが、まず”リーチ”って何なのか、という話ですよね。
UNOにおいての「ウノオオオオオオアアア(略)」のような単なる掛け声とは違うものなのです。

 

 ここでまず麻雀における”役”と”翻”の概念について触れておきます。

 役というのは「ある特定の条件を満たした揃え方でアガりの形ができている場合、その条件の難易度に応じてポイントを与える」というものです。ザックリいうと。

 麻雀にはそれぞれの役に”翻”(ハン)というものが与えられます。これはその役のポイントのようなものです。

 まずアガるには最低1翻必要です。そこから2翻、3翻…、n翻(n∈自然数)と翻数が増加するにつれて貰える点数も増えていきます。高い点数が欲しいならこの翻数を増やす必要があります。

 

 リーチの話に戻ります。早速言いますと、リーチってのは役の一種です。
その役の成立条件…

  • ポンやチーをしていない(いつか後述)
  • 「リーチ」と宣言し、1000点を場に捧げる
  • リーチ宣言後は自分の手持ちの牌を一切入れ替えてはいけない

 この3つの条件を満たすことでリーチという役が成立し、アガれた場合1翻貰えます。(リーチは1翻)

 この条件には書きませんでしたが、前提として前述したアガりの形を満たしていることが必要であります。

 

【もう疲れたぽよ…】

 安心してください。実はここまでで麻雀のルールの大半は網羅しました。数学Iが終わったイメージです。これで麻雀打とうと思えば打てます。リーチすればちゃんとアガれます。勿論まだ覚えることはありますが。

 適当なスマホアプリ(オススメは”天極牌”というやつ)で試しにリーチできるかやってみるのが良いと思います。よほど運が悪くなければ30分あれば1回はアガれるはずです。楽勝楽勝!

(正直最初はルールよりも何を捨てればいいか、とかのほうが難しいんですけどね。)