まずは1年続けよう

1年続いたらブログ名どうしよう

帰省してましたとさ

 一週間くらい放置してたわけですが、帰省してました。まあやろうと思えば帰省先でも更新できたんですけどね^^

 

 さてどんな文章をひねり出しましょうか。スマホ買ったよーとか漂流教室読んだよーとか他愛もない話ならそれなりにあるんですけどね。そういうの感想交えて文章書くとかダルすぎる…そんなん別に誰のも発信する気ねぇよ…と…でもそういうのを無理やり文章にしてみる訓練ということで始めたブログなので、そういうことをとりあえず描いてみます。

 

スマホ

 実は今までずっとガラケーでした。理由は特に必要に迫られること無くやってこれたからです。というのも、LINEはPC単独で動かせていたので…まぁ実質スマホの必要性なんてLINEくらいじゃないですか、一般人にとっては。

 で、帰省しまして、スマホの購入を仮に考えるならばやはり親とのお話も必要なわけで、折角だしスマホについて調べるだけ調べてみっかと調べてみたわけです。

 色々調べてみた結果、いわゆる格安スマホに乗り換えたほうが通信料がガラケーより安いということに気づきました。スマホ安っという感想より、ガラケー高っこんな高かったのかよ~という衝撃の方が大きかったですね。そんでまぁ端末の料金合わせてもガラケーと月々払う料金もさほど変わらんので、いい機会だしスマホにしてみました。FREETELのSAMURAI REIという端末に、同社のSIMを購入しました。その端末にしたのは単純に見た目で選びました()

 アプリとかやる気は当初から無かったのですが、ウィキペディアと英語のニュースが見れる学習向けアプリを入れてみました。あまり外で長く暇になる時間というのはなさそうですが(外でないので)いずれも暇つぶしには重宝しそうです。

 

マンガ

 帰省したけどやること無かったんスよね。大体お盆に伴う親戚との顔合わせやらで予定が埋まってたうえ、誰かと会うことも無いし、一人で遊び行きたい場所も特になかったので。

 んで何してたかって言うと、近所の図書館にかよってました。その図書館、マンガとCD類が充実してて一日中暇潰せるんですよね。ほぼ毎日マンガを読んで、CD借りて自分のWalkmanに取り込んで…というルーチンを繰り返してました。さて、読んだマンガをご紹介&感想。

 

 ジョジョの奇妙な冒険(2部・3部)

 名前は聞いたことある人が大多数な有名作品です。簡単にいえば主人公達が多彩な能力を駆使して悪者をやっつけにいく、という王道バトル漫画です。中々古い作品(連載中)ですが、最近アニメ化されドドドッと人気上昇中。自分は1部と4部だけは昔読んだことがあったので、この作品の面白さを知っていたので図書館で手にとってみました。簡単に感想を。

 2部:主人公の人格が読んでて気持ち良い。トリッキーな戦法が面白い。

 3部:心理戦が結構出てきて面白い。単純なバトルより興奮した。

 

 漂流教室

 これも有名な作品。突如小学校ごと何もない謎の場所にワープしてしまい、小学生たちが生き残りをかけて様々な困難に立ち向かっていくというお話です。この作者(楳図かずお)はホラーで有名な作家だったので、この作品もそうかと思いきや、そういったオカルト的なホラーはありませんでした。しかしある意味恐怖作品と言えます。

 サバイバルという極限状態の中で死と狂気に包まれる小学生たちの姿は恐ろしいです。自分は痛ましさの方が強かったですけどね…。比較的少ない巻数で濃密な内容となっていますので、何かガッツリ漫画を読みたい、という人にはおすすめ。

 

 げんしけん

 上2つにくれべて知名度は落ちますが、それなりに有名なこの作品。「現代視覚文化研究会」という要するにオタクが集うサークルの群像劇を描きます。自分はアニメ3期を訳も分からず見て、訳も分からず面白さを感じたので、原作を1から読んでることにしました。

 内容としてはラブコメだと思います。「オタク」というのは味付けに過ぎない印象でした。お菓子感覚でサッと読めちゃう漫画でした。正直内容についての感想よりもキャラについての感想のほうが大きいです。

 感想:荻上が可愛すぎて生きるのが辛い。

 

f:id:not-towers:20160819175523p:plain

f:id:not-towers:20160819175531j:plain

f:id:not-towers:20160819175532j:plain

f:id:not-towers:20160819175648j:plain

 (ネットでひろったもの(あんまいい画像なかった))

 以上です(^^p)

 お陰様で久々にキャラ萌えキモオタとしての心を取り戻せましたとしたさ

 

総括

 ダメ人間化が加速した模様